嶋中敏文&典子様

アメリカでのコンドミニアム購入を希望し、日本からメールとお電話で色々とご相談させていただきました。その間大変丁寧に対応していただき、ご説明いただきました。おかげ様で不安無く渡米し、ほんの数日の滞在で購入する事ができました。家は好みもあり、自分たちなりの条件やこだわりもあり多少迷ったりもいたしましたが、プロの目から見を意見を言ってくださり、結果「ここが私たちには一番合っていたね、本当に幸せだね」と夫婦で話せる物件に決めることができました。今はまだ年に2回ほどしか行けませんが、ベルヴューでの初めての年末、ドアーの前にはご近所の方が置いてくださった心温まるクリスマスカードや可愛いお菓子がありました。おかげ様で素敵な我が家となりました。銀行も日本人の担当の方をご紹介いただきスムーズです。購入後の留守の間も色々とケアーしていただいており安心です。Kohtokuエンタープライズさんとの出会いは本当に幸運でした。

馬場 暎介様

私共は日本の会社の米国法人に1992年迄約5年駐在し、帰国までの4年間をシアトルで過ごしましたが、その頃米国の調査機関が発表したアメリカの”mostlivable city”第1位にシアトルがランクされ、PC化の波に乗りMicrosoft社が急成長しつつあり、Boeing社もジャンボ機製作の絶頂期で、任天堂もゲーム機がブームでシアトルは大変勢いのある街となっていて、活気がありました。日本でもバブル時代のピークで、為替レートは1ドル250円から一気に130円台になり、日本からの投資も活発に行われておりました。
そんな折、菅沼さんが不幸な事件に巻き込まれ重傷を負われましたが、無事回復された後一念発起され、不動産仲介の会社を立ち上げられ、大成功されたことは皆さんご存知の通りです。私も日本への帰任の際に不動産の管理をお願いし、その後それを売却し、新規の物件を紹介して頂き、引き続きそのメンテナンス、管理を一切お任せでお願いしています。建屋に不具合が発生してもすぐ対応して頂き、庭の手入れ、家賃の回収、固定資産税の支払い等々すべてをお任せしております。
日本で自分が不動産を管理するより遥かに簡単です。これもひとえに菅沼さんが細かいところまで手が届く不動産管理をして頂いているお蔭です。これからも長くお世話になりますが、やがて物件の相続手続きでもお世話になりたいと思っています。

坂巻弘康 範子様

宏徳エンタープライズさんには家の売買と管理をお願いし、異国での不動産売買という事で、英語力も無く当初はとても不安でしたが、大小困った事があった際にはすぐに対応し、解決して下さったりと、日本人特有のきめ細やかなサービスに大変感激いたしました。

Masaki Gomi様

「そろそろ家でも買うか。」と思いついたのが、渡米して
10年、シアトルに移って8年目の秋。何を突然自分をそう思わせたのかは定かではありませんが、他州に住む親友が丁度家の購入を済ませ、自分が住んでいたアパートの契約更新が丁度迫っていたのも理由かもしれません。
Kohtoku Enterpriseの菅沼さんのお名前はシアトルの日本人向けのフライヤーやネットで拝見しておりましたが、初めてご連絡を差し上げたのは去年(2012年)の11月5日。当時は漠然と家の購入と言っても全く右も左も分からない状態で、Everett, Lynnwood地区で8年間住み働き、この地区での土地勘は十分あったものの、ネットを頼りに最初に興味を持ったのは今考えるととんでもない場所にあるとんでもない家ばかり。菅沼愛子さんにお会いして的確なアドバイスを頂き、それらが間違った選択であるのに気が付いたのはほんの数日後のことです。
それから一週間後には愛子さん、秀夫さんにこちらの希望に合う物件を日に5-­‐6軒、車で廻って頂き見せて頂くことになりました。実際に見た物件は30軒以上になるでしょうか。愛子さんは「よくお客さんに『愛子さんと一緒だと何時までたっても買いたいと納得の行く物件はみつからないわ。』と言われるのよー。」。と仰いましたが、自分も何回目かの愛子さんが運転される家探しの車中、「この商売っ気の無いおばさんにかかったら家探しは余裕で春以降まで掛かるだろうな。」と思ったものです。それくらい愛子さんのプロとしての確かなご経験からの駄目な物は駄目、良い物は良い、と言うアドバイスは非常に的確で、まるで自分の住む家でなく、愛子さんご本人が住む家を探しているような感覚に囚われたものです。特に11月からのこの地方での家探しの日は常に天気が悪いのが当たり前、日が暮れるのも極端に早い。家探しには正直最悪の時期ですが、これは裏を返せばその家の最悪の状態が見れる時期でもあります。確かあの日は感謝祭明けの平日だったか、天気は勿論雨。
中には外に立っただけで入るのを躊躇させた家、ウェブサイトの写真は良くてもドアを開けただけで一瞬で分かる気持ちの悪い家もありました。「今日もぱっとする物件は無かったけれど、丁度感謝祭の前日にマーケットに出た物件が近所にあるから最後にちょっと行ってみましょう。」と言う愛子さんのお誘いで、あまり期待しないで行った家のドアを開けたら、あらまあ!「これはいいかも!」と言う愛子さん。「これにします!」と即答したのはドアを開けてほんの数分後の出来事でした。愛子さんも仰いましたが、これほどのクオリティーでこの値段。自分が良いと思う家は皆が良いと思うものです。案の定その家にもマーケットに出てほんの1-­‐2日の間に既に幾つかのオファーが入っており、まるで大学受験の合格発表を待つような気持ちで結果を待ち、数日後「おめでとうございます!」の愛子さんからのお電話。
早くもその一ヵ月後、2012年の年末からこの家に住み始めました。ローンも「こんな利率今まで見たことが無い」と言われるくらい低い利率で認可され、何か見えない力に「この時期に家を買いなさい。」と言われたのだと思います。でも何よりもあの時、Kohtoku Enterpriseの菅沼愛子さんにご連絡をせず、他のアメリカ人のエージェントに連絡を取っていたら当時のこちらの希望通りあのとんでもない場所にあるとんでもない家々の一つをまんまと買わされ、安物買いの銭失い、今ごろあそこから苦労して毎日通勤していたことでしょう。菅沼愛子さん、秀夫さんに感謝すると同時に、そのお人柄、不動産に限らず、これからもこの地区に住む同じ日本人として個人的にこれからもお付き合い頂きたい方々だと思いました。
実はその後直ぐに投資物件として2軒目の家の購入を進め、こちらもマーケットに出たてのMultiple offerの入った人気物件でしたがめでたくクロージング、その僅か数日後にとても感じの良いテナントが見つかり、びっくりしました。テナント入居前のメンテナンスでは本来ならばオーナーである私が支払い義務があるのにも関わらずかなりの部分愛子さんに持って頂き、とても感謝をしています。Kohtoku Enterpriseさんは日本人、アメリカ人問わず、この地区で家の売却、購入を考えている方に100%お勧めします。

「快適な借家」

菅沼さんには、借家を探すのにお世話になりました。赴任してきて仮住まいしていたホテルまで何度も迎えに来てくださったので、小さい子供がいる私たちは本当に助かりました。また、いろいろなエリアの物件を親切に詳しく説明しながら数多く見せてくださったので、こちらのことがよくわかっていなかった私たちも住宅状況をよく理解して家を決めることができました。また、住宅だけではなく、生活基盤のセッティングについても相談にのってくださるなど、借りる方の視点でのサービスが素晴らしいです。また、もしものときはいつでも電話で連絡できるのは安心です。おかげで、素晴らしい環境で安心して暮らすことができています。菅沼さんにお願いして本当によかったです。

宏徳の物件検索
会社案内
エリア情報
セミナー情報